双子の子供たちの育児をする私の心情について

双子の子供たちの育児をする私の心情について 私は昨年の夏に双子の元気な女の子を無事出産することができましたが、私自身双子の子供たちを妊娠したことが分かったとき、双子の子供たちは共鳴するかのように泣き、日々の育児は寝る暇もないぐらい忙しくなると色々想像していましたが、現在子供たちは1歳の誕生日を迎え、私自身が想像していたよりは比較的双子の子供たちの育児は楽だった気がします。生後2ヶ月を過ぎるまでは、昼夜関係なく授乳やオムツ替えを求める子供たちの欲求を満たすために、私自身寝る暇もないぐらい忙しさを感じていましたが、双子の子供たちは生後2ヶ月を過ぎることによって、少しずつ昼夜の区別がつくようになり夜間の間ぐっすり寝てくれるようになったため、私自身精神や肉体的に育児することが非常に楽になりました。

1歳になるまでに寝返りやハイハイなどの成長過程で育児の大変さを更に実感しましたが、双子の子供たちは互いに興味を持ち機嫌良く遊んでくれることが多かったため、私自身双子の子供たちの子育てを苦に思うことなく続けることができたと思います。双子の子供たちの育児をすることにより、大変さより子供たちの成長過程を見守ることができる嬉しさの気持ちの方が非常に強いため、私自身これからも楽しみながら子育てをしたいと思います。

Copyright (C)2014双子の子供たちの育児をする私の心情について.All rights reserved.